細雪 谷崎潤一郎

雨模様のゴールデンウィーク後半。

今日も驚くほどの寒さで曇がかかる1日。
こんな日は、どこにも行く気にもならず
自宅でゆったり過ごすのが最適。
こんな日も滅多にないので、
一気に細雪を読みました。

大好きな市川崑監督が撮られた細雪は以前観ており、原作を読みたいと思っていたのがやっと今さら叶いました。

とにかく船場言葉の小気味良いこと。
文字だけ辿って行っても伝わる音の美しさ。

もちろん描かれている着物の数々の素晴らしさは、言わずもがなですが、
なにより、着物が日常着であった頃の生活がイキイキ描かれて、
当時の関西を背景に営まれる人間模様の面白さ、格別でした。

 

あこや

Leave a Reply