きもの工房 扇屋で仕立て直し☆昭和なきもの!?総絞りのきもの

昨年の秋に祖母や母から譲ってもらったきものを、ごっそり悉皆に出しました。
佃のきもの工房 扇屋さんです。

預けてから約7ヶ月、やっと最後の一枚が自宅に届きました。
母のエメラルドグリーン色の総絞りのきもの。サイズを目一杯私の寸法まで出してもらいました。

正直!このきもの、サイズを直しても着るかしら。。。と思う程、悉皆に出すのを迷っていたんです。

絞り、それも総絞り、それもこの色!
絞りの価値は十分わかっていても、この手のきものって、着ればそれはそれは昭和な雰囲気漂うこと間違いなしだわ、、、と思ったのです。

近くで見ると、その作業の大変さが想像できます。

それでも、扇屋さんのお母さんにも、もったいないからサイズ出せるだけ出して着たらどうですか?という後押しもあり、お願いすることに。

どれだけ寸法出るかな、と思っていましたが、私のこだわりの袖丈もたっぷり。
自分の寸法に合わせてもらうとなかなか素敵な一枚に見えてきました。

昭和感は帯との組み合わせを工夫し、現代に生きる私が着れば、なんとかなるかな。(←よくわからないけど)

せっかく時間もお金もかけてお直ししたので、
母からのプレゼント、きちんと着こなしたいと思います☆

 

あこや

Leave a Reply