織楽浅野「織と織」展へ The exhibition of Shokuraku Asano

先日、代官山ヒルサイドテラスで開催されていた、織楽浅野さんの展示会に伺ってきました。

今回は結城の奥順さんとのコラボ展ということで、とても楽しみにしていました。

浅野さんの展示会に伺うのは久しぶり。お元気かな、と、のぞくと受付に奥様の姿が。お変わりない〜〜🎵

さて、入口を入ると浅野さんと奥順さんの言葉が。

浅野さんは、京都 西陣の帯屋さんですが、浅野さんとは懐かしいエピソードがあります。今思い出しても、顔から火が出そうな思い出。(笑)もう何年も昔の話です。

きものにはまり出したばかりの私は、織楽浅野さんの帯が素敵だなと思って、何を思ったか、突然浅野さんの会社に電話して突撃したことがあったっけ。。。笑 浅野さんはメーカーなので小売りをしませんから、そんなことも知らずに、、、ああ!無知って恐ろしい!!

奥順さんは、言わずと知れた結城紬の大手製造問屋さんです。昨年、京都で織楽浅野/奥順/京絞り寺田/帯屋捨松の4社で展示会をされた、今回は二人展。

結城と浅野さんの帯のコーディネート提案が所狭しと展示されていました。

この日は、ギャラリートークも。

向かって右側が、織楽浅野の浅野社長、真ん中が奥順さんのデザイナー 上村さんで今回の企画のきっかけを作った方だそうです。そして一番左が、奥順の奥澤専務。お父様の社長ももちろんいらしていました。専務、イケメン!笑

専務からも結城のご説明がされましたが、とってもしっかりしてて、将来楽しみ!頑張って!若い方がきもの業界に専念するのは素晴らしいことですね。

浅野さんと奥順の奥澤社長と一緒に。

京都や結城もまた伺いたいな!

 

あこや

 

Leave a Reply