追悼 池田重子コレクション にほんのおしゃれ展へ行ってきました☆ Shigeko Ikeda collection at NIHON no OSHARE exchibition

先日、きもののお友達と池田重子さんのコレクションが展示された「日本のおしゃれ展」 へ出かけてきました。

新年明けて、最初の週末、しかも連休とあって、多くの人で賑わう銀座。松屋デパート内の展示会場もたくさんの方でぎゅうぎゅう!

きもの姿の方も多かった!昨年急逝された池田さん。追悼という形になってしまったことは本当に残念です。

池田重子さんがコレクションしたアンティークのきもの、帯、そして帯留の数々が所狭しと展示され、会場中に立ちこめるきものパワーがすごかった!

とにかく、大正や昭和初期のきものの華やかさ、デザインの力強さ、大胆さには驚きです。また、刺繍が大量に施された丸帯、繊細な形が存在感を放つ宝石の帯留。今私たちが着ているきものとは何かが大きく違うけれども、こんなきものを着ている女性達が歩いている時代をのぞいてみたい!!!そんな衝動に駆られるほど、圧倒されました~。

展覧会を見た後は、みんなで銀座でランチ☆久しぶりに会えた4人でしたので、おしゃべりに夢中でした!

同じく松屋のマロニエ館というところでは、弓岡勝美さんの壱の蔵の催事も行われていました。アンティークづいていた一日でしたね。自分が今着るか、というよりも、こうしたきものが衣服として活躍した時代に興味がわきました。

細雪が大好きな私ですが、当時のきものがまだ衣服として活躍していた頃、第2次世界大戦前までの日本のきものにはとても惹かれるものがあります。

この日の装いは、新年明けて梅の柄の小紋におか善さんのもち花と宝尽くしの染帯を合わせました。松の内明けて節分まではこうした帯も出来るそうですが、気分的には1月いっぱいくらいまでですかね〜。

I went to the Shigeko Ikeda Collection exhibition in Ginza with my kimono friends.  Ms Shigeko Ikeda the antique kimono collector and the owner of kimono shop called Jidaiya in Meguro has passed away last year. Her huge collection of kimono, obi and obidome taught us people of Life in Taisho and Showa.

 

あこや

Leave a Reply