和×アートのイベント「わーと日本橋」宝塚歌劇団の衣装も!

日本伝統工芸染織展を見に行ったあと、COREDO室町で行われている「わーと日本橋」というイベントものぞいてきました!

「わーと」とは、和とアートを組み合わせた新語で、和文化を、伝統的視点からと、アートイベントの視点からの両面からとらえて、新しい文化発信を目指しているそうです。今回のイベントは、日本の伝統文化である「きもの」と、竹を使って空間を演出する「竹あかり」との共演、と同ホームページにはあります。

COREDO室町と言えば、きものサローネ等で恒例のきものと言えばなイベントスペースですが、メイン会場までの廊下はこんな感じ。

きものや和装小物の販売がされています。
メイン会場に入るとこんな感じ。会場は、着物姿のお客様でいっぱいでした。

きものコーディネートの森、と題されたこのスペース、今回は、きものを愛する「着る人・売る人・創る人」が結集、約200点をすべて完全コーディネートし、トルソーに着せて展示されていました。

その中で目立っていたのが、宝塚歌劇団100周年記念講演 月組「宝塚をどり」衣装展示!

この作品は、実際に劇場に足を運んで観劇していたので、衣装が間近に見られて嬉しかったな!

こちらが、トップスター 龍真咲さんが着ていたもの!

しかし、トルソーに着せると、きものって、なんて味気ないのかしら…
洋服以上の違和感…。仕方ないんですけどね、展示する上では。

来場されている方々は、自分の好きなコーディネートを見つけたりして楽しまれていたようでした。

最後、こんな可愛いきものドールもいました。

イベントは今週末10日までやっています。

 

あこや

1 Comment

  1. あくちゃん

    2015年5月12日 at 4:00 AM

    「」 1
    お衣装まさに〜って感じ。
    宝塚の衣装部は15秒着付けです

Leave a Reply