もの作りの姿勢

先日行った京都。

お邪魔したおか善さんでお願いしていた小紋がありました。
そろそろ上がってくる頃かなぁと思っていた矢先、おか善さんから連絡がありました。

反物に色むらがあり、染め屋さんから一から染め直させてほしいという
相談があり納期が大幅に遅れてしまう、というのです。

色むらなんて、私が手に取って見ていた時は全くわからなかったのですが、
再現性高く染め直します、というご連絡に当たり前のことなのかもしれませんが、
もの作りにたずさわる人たちのプライドや執着を感じました。

今回、反物の地色がとっても気に入ったことが購入の決め手だったことをおか善さんも
理解しての配慮もあったと思いますが、老舗の心配りになおさら仕上がりが楽しみになりました☆

 

あこや

 

Leave a Reply