青山八木はじめ 勝山健史 ルーマニア華文 袋帯 The Rumanian flower pattern Fukuro Obi of Takeshi Katsuyama

2017年御誂えはじめ。

昨年の秋にお願いしていた勝山健史さんの袋帯が出来上がってきたので、青山八木さんに取りにいってきました。

わーー素敵だ〜♪

袋帯 ルーマニア華文。

勝山さんの帯では定番とも言えるかもしれませんこの文様。私はこの文様にずっと憧れていました〜。

その昔、初めて森田先生のご本を拝見した時に、勝山さんのモダンで上質な帯がたくさん掲載されているのを見て、すごく衝撃を受けたのを覚えています。のめり込むように先生のご本を読んだ記憶があるなぁ。その時から、勝山さんの織り出す洗練された文様の帯を着こなしたい、と思い続け、今回はこの黒地でこの文様でとお願いしました。

普段の私のはんなり系好みからしますと、ぐっと大人っぽい印象ですが、この感じに憧れているのです。笑

私らしく、どう着こなすか、考えるのがまた楽しいですね〜。
八木さんから、こんな新年のギフトも頂きました。てぬぐいです〜♪

なんと、青山八木さんは、今年で25周年!おめでとうございまーす!
早速開けさせて頂きますと、、、



まぁ素敵!丸に格子の模様が鮮やかなグリーンで染め出された手ぬぐいです〜。わーい!手ぬぐいは何枚あっても重宝するのでとっても嬉しい!八木さん、ありがとうございます!

この日、帯締めも見せて頂き、こちらを頂いて帰ってきました。

グリーンと黄色の組み合せが美しい唐組の帯締です。ルンルンで帰宅して、帯締めボックスに収納しようとした所、あれ?

この唐組は以前から好きで、何色か持っているのですが、え、同じじゃね?感が半端じゃない帯締を発見。。。汗 う、うそーん!!!と慌てて手に取ってみると、微妙に違う色と構成!笑 本当に自分の好きな傾向ってありますよね。。。良かった、全く同じじゃなくて。

以前から持っているものは、ターコイズブルーにグレーっぽい糸のコンビでした。系統としては同じだ。。。爆

気を取り直して、こちらの新入り、春に向けたこれからの季節に大活躍してもらいたいと思います〜。

Finally I dropped by Aoyama Yagi and caught up my new fukuro obi that I ordered at last exhibition of Takeshi Katsuyama in October 2016. The Rumanian flower pattern is kind of an iconic one of Takeshi’s which is beautifullly sophisticated and modern perfectly matched with the city life. Also I’ve got a new obijime called Kiritsubo of Domyo! Waaay!

 

あこや

Leave a Reply