装いまとめ② outfits

12月何度が袖を通した相良刺繍の付下げ。

きもの一枚に帯三本、といいますが、きものの楽しいところは、帯や小物を変えるとガラッと全体の印象に変化が出るところ。

着る目的に合わせた、そして、その日の気分に合わせたコーディネートをああでもない、こうでもない、と悩みながら選んでいくのがまた楽しいですね。

ある日は、きもののピンク色に合わせて同系色でまとめたコーディネート。

全体的に可愛らしい、そして暖かみのある雰囲気にまとめました。

そして、ある日は、ブルーの帯で全体をスッキリシャープにまとめました。

帯締めを組や色を控えめにすれば、なおモダンな装いになったかと思いますが、この時はお祝いの会に出席する事もありましたので、印象的な帯締めを合わせる事で全体をおめでたい雰囲気にまとめました。

帯と小物類を変えるだけで、全く異なる印象になりました。

きものの無地場が多いとき(無地にちかいもの)は、そう難しく考えずに帯や小物のコーディネートを楽しんで頂けると思いますので、どんどんトライして見てほしいと思います。手持ちのきものや帯が少なくても組み合せで楽しめるのがきものの良いところ。

お正月の装いを既に検討されている方も多いと思います。楽しく悩んで下さいね。

 

あこや

 

Leave a Reply