色無地の楽しさ

食事に着物で出かけたい、と妹からのリクエストがあり、着付けをしました。

薄い水色の色無地に花の丸紋が華やかな袋帯を合わせて。
色無地は、以前にブログで紹介しました京都の總屋さんで染めてもらったものです。

写真では見えにくいのですが、割付菱唐草の異国情緒ある地紋が現代的な雰囲気でとても華やかなきものです。

色無地といっても、地紋などによって様々な表情を持ち、そして何と言っても帯との組み合わせ次第で印象ががらりと変わる楽しさ!きもの自体が無地なので帯をかなり自由度高く選べる所も魅力ですね。更に紋を付ければ正式な場にも着て行くことが出来ます。何枚か持っていると本当に便利。すっかり無地きものブームですが、こうした美しい色で華やかに装いたいなと私は思います。

あこや

Leave a Reply