拝読☆ゼロからはじめる小島慶子のきもの修行〜青山八木 監修〜

青山 八木さんから、素敵なご本を贈っていただきました!
フリーアナウンサーの小島慶子さんが綴ったきもの本です!

帯を見ると、八木さんの写真が!

この本、青山 八木監修なのですね〜!素敵です。

「おとなのきものの始め方教えます」か。。。

そう。きものって、入口が大事な気がします。(何事もそうかもしれないですが)
きものに目覚め始めた頃の幸せ体験が多ければ、その先に長い長い幸せきもの人生が待っているような気がするんですよね。

早速、拝読。

小島さんがうらやましいのは、歳を重ねながら、自分のペースで、上手にきものを誂えてきた、ということ。

それは、早い段階で良き信頼できる呉服店に出会えているかどうか、ということです。

私なんかまだまだきもの修行道半ばではありますが、失敗の連続ですし、高い授業だったなと思うこともあります。。。
なんでこれ買っちゃったんだろう、、、とか、今の私なら絶対に買わない、、、とか、箪笥をあける度に思うこともしばしば。笑

以前ブログに書きましたが、→きものを上手に購入するコツ〜青山八木直伝〜

きものの買い方がわかるまで、自分の感覚が信じられるようになるまでは、本当にきものを買うこと、誂えること、というのはチャレンジングで未知なる行為です。

小島さんが25歳の時にふらりと立ち寄った呉服店がなんと八木さんのお店。そこからの長いおつきあいだとか。小島さんのその時その時の「これが着たい」「でも予算はこれしか無いし。。。」という要望に、八木さんの的確なアドバイスがマッチして、小島さんの素敵なきもの修行が続いてきたことが伺える内容です。

しかも、八木さんといえば、森田空美先生の影響か、織のきものの印象が強くある呉服店ですが、この本に登場する小島さんのお着物は、年齢の若さもあってか、やわらかものメイン且つそれに合わせた帯がたくさん出てくるので、八木さんのところでもこういうのが買えるのね!なんて思う方もいるかもしれませんね。

また、八木さんご推薦の帯やきものも登場するので、それも見ていて楽しいです。
きもの初心者でも、そうでなくても、ちょっとしたヒントがたくさん詰まったきものガイドではないでしょうか。これを読むと、呉服屋さんの重要性がわかります☆☆☆是非読んでみてくださいね!

八木さん、ありがとうございました!

あこや

Leave a Reply