【京都きものレポート】Veuve Clicqout P+Ink IN THE BLOOM at 祇園甲部歌舞練場

先日、京都の都をどりが開催される祇園甲部歌舞練場で行われた、Veuve Cicqoutのパーティの模様がわが妹から送られてきましたのでアップします!

以前、私もこのイベントにお邪魔したことがあるのですが、
京都でも歌舞練場でのパーティということで、雰囲気がまたとっても素敵なんですよね。

写真ではわかりにくいのですが、日本家屋というか純和風の建造物内にこうしたしつらえをしているパーティなので「Veuve Clicquot meets KYOTO」な雰囲気満載の素敵なパーティなんです。

この方も。。。会場はさすが和装の方がすっごく多かったそうです。
特に男性の和装姿が相当目立っていて、会場に華を添えていたとか。さすが京都でのパーティ。
もちろん舞妓さんや芸姑さんも!

こちらは、ビビッドなブルーが印象的なお着物ですね。波模様が大きく入ってカラフルな刺繍が映えます。おこぼの鼻緒ときものの色があっていて可愛らしいですね。

帯はこんな感じ。

そして次のお二人。写真の色味が光の加減であまりよくなくて残念ですが、なんとも可愛らしいお二人。

向かって左側。多分浅葱色でしょうか。紅葉や菊、疋田が散る定番友禅に赤い半衿、長襦袢がきいています。可愛い~。

そして右側。黄色のきもの。鞠にかんざし。襦袢の風車との袷が少女そのもの!こちらも可愛らしい。

これは色味が綺麗に出てますね。サングラスして楽しそう!

こちらは、パーティの参加者のかたの帯を撮らせていただいたもの。シャンパンパーティにちなんで、こんな楽しい帯でご登場。遊び心がありますね。

男性陣のきもの姿が見たかったところですが、ご紹介できなくて残念。

しかしながら、こうした男女ともにきもの姿が集まる楽しいパーティと言うのは本当に少ない。
ドレスコード「きもの」って言うパーティやってみたいなー!

 

あこや

Leave a Reply