都風俗雛形 old kimono catalogues

先日、「都風俗雛形」という明治時代に発行された本を見る機会がありました。

上中下と3冊構成になっていて、写真は下巻です。
タイトルの通り、都ではこんな風俗(ファッション)が流行ってますよ、といういわばカタログのようなもの。今で言う女性誌のような感じでしょうか。

開いていますと、特徴ある柄が描かれたきものが沢山!

これは大きなゆりが描かれていますが、ド派手ですね(笑)
雛形本は、江戸時代から沢山発行され、多くの人々が、この本を参考に小袖をオーダーしていたようです。

当然、こんな豪華なきものをオーダー出来るのは限られた人たちだったでしょうが、きもののお誂えの時に、今でも、どんなのがいいか頼み方がわからないことが多いですよね。こういった参考資料がやまほどあるなかから、お願い出来るというのは、とてもいいものですね。

これなんかすごいです!

蝶やウサギが乗った大きな傘が肩に描かれ、裾にはなんでしょう。。。子どもたちでしょうか。なにか作業をしているような絵が…

こんなきもの、着てた人いたのかな。。。汗

ともかく、当時の流行ファッションが垣間見れて見ていて飽きない資料ですね。

Miyako Fu-zoku Hinagata was published in Meiji era which is a kind of a fashion magazine. People can find so many kimono patterns so they might be usefull when they order kimono.

 

あこや

Leave a Reply