宝塚 宙組公演「風と共に去りぬ」観劇 縞の結城紬で

今日は、東京宝塚劇場に宙組公演を観に行ってきました。

名曲ぞろいのこの作品!

バトラー役の凰稀かなめさん!かっこ良かった!!衣装も豪華でみなさん迫力ある演技!
メラニーが亡くなるシーンでは涙ほろっ☆

先月観た花組「愛と革命の詩ーアンドレア・シェニエ」も感動でしたが、今回もすごく良かったです!ロビーにも100周年のクリスマスツリー☆

しかし、今日は寒かった〜。

今日の私の装いです。観劇ということと、暖かいということで白のたて縞の紬を選択。
冬に白っぽい色のきものって、空気の清々しさを表しているようで、好きなんです☆

このきものは、結城に紬の制作工程を見学に行かせていただいた際に
出会ったもので、白地にこのカラフルな縞が気に入っています。

帯は、淡い鴨頭草(つきくさ)色に小花唐草の染帯と桃色に銀糸のラインが入った帯締めを合わせました。

帯揚げは、新宿区落合にある染の里 二葉苑さんにお邪魔して体験制作させていただいたときに染めた帯揚げを合わせました。

実は、今日のコーディネート全く納得いってないんです。

このきもの、八掛を抹茶色にそめてもらっているので、こうした色味で合わせるよりもう少し個性的な色味をベースにまとめる方がおもしろいのかな、と思っています。

コーディネートも日々悩みながら、学んでいます!失敗しながら、徐々に自分のスタイルを見つけていきたいですね☆

あこや

Leave a Reply