團菊祭5月大歌舞伎へ-寺嶋和史君初お目見得- Dankikusai 5gatsu Okabuki〜その①〜

ゴールデンウィークの締めくくり。
快晴の中、銀座の歌舞伎座で行われている團菊祭 5月大歌舞伎へ行ってきました。

 

久しぶりの歌舞伎観劇です。團菊祭は2年ぶりかな。

今回は、歌舞伎好きの友人ご夫婦にお声掛け頂き、ご一緒させて頂くことに。あこやきもの教室にお稽古に来てくれているともえちゃんと一緒にきもので伺いました。

今年の團菊祭は、豪華な役者陣がずらり!それもそのはず。尾上菊之助君の長男 寺嶋和史君の初お目見得公演も兼ねているからなんです!祖父である人間国宝の尾上菊五郎に義理の祖父であるこれまた人間国宝の中村吉右衛門が共演、孫の初お目見得を盛り立てます。團菊祭に吉右衛門さんが出演されるのは、約30年ぶりとか。孫がつなげる縁。

こちらが和史君。可愛いですね〜!まだ2歳7ヶ月。昨年11月の海老蔵君のところの勸玄君の初お目見得の記憶がまだ新しい所ですが、お父様同士は同い年で、ともに成長してきた同士ですから、息子君たちも同世代の役者としてそうなって行くのかと思うと、ファンとしては嬉しい限り。
さて、お目見得どうなりますやら!

歌舞伎座内は、大入り満員でした。きもの姿の方も本当に多くて、会場の入り口付近には梨園の奥樣方がずらーっと!きもの姿を観察してきました(笑)

とっても良いお席を用意くださっていて、大興奮!柴崎君、ありがとう!

開演前にともえちゃんと。ドアップで失礼します!

さあ、いよいよ、寺嶋和史 初お目見得「勢獅子音羽の花籠(きおいじしおとわのはなかご)」が始まりますー。

On a beautiful sunny day of golden week, I went to see Kabuki in Kabuki-za with my friends. The anniversary year of 80th Dankiku-sai presents the first stage of Kazufumi Terajima the son of Onoue Kikunosuke which was so excited to me!

 

あこや

Leave a Reply