ハンブルグ・バレエ団「ニジンスキー」観劇 Nijinsky by Hamburg Ballett

美しい東京文化会館

上野にあります東京文化会館で行われたハンブルグ・バレエ団による公演「ニジンスキー」を観てきました。

東京文化会館は、日本のモダニズム建築の旗手として有名な前川國男によるもの。上野では前川の建築をたくさん見る事が出来ますが、この東京文化会館は私のお気に入りの建築の一つです。久しぶりに訪れましたが、良い劇場ですね〜。

会場はたくさんのお客様でいっぱい!美しい舞台美術にテンション上がります!

 

Amazing!!! ジョン・ノイマイヤー!

それもそのはず、この日の演目は、ハンブルグ・バレエ団による「ニジンスキー」。このカンパニーを率いる、ジョン・ノイマイヤーはバレエ愛好家の中では絶大な人気を誇る演出家。今回の公演も凱旋公演なのですが、人気ぶりが伺える客入り具合。ざっくりのジャンルで言えば、コンテンポラリーになるので、どんな感じなのかとても楽しみにしていました。

演目のニジンスキーとは、稀代の天才バレリーナ、ロシア人のヴァスラフ・ニジンスキーの生涯を描いた作品。舞台はニジンスキー自身が「神との結婚」と呼んだ彼が出演した最後の公演から始まります。ニジンスキーがロシアを離れフランス パリで活躍し人気を博した時代は第一次大戦前。次第に忍び寄る戦争の影と彼自身の人生の光と影を複雑に見せていきます。


※公演HPから拝借

もう、素晴らしかった!キャストの個性が光る配役、構成、振り付け、そして美しい美術。3時間近い公演は全く飽きさせる事なく、引き込まれました。私は、バレエも古典的なものが好きなので、どうなのかなと思っていたけれど、感動でした!人間の肉体ほど美しいものは無いですね。

 

観劇は、おキモノでね♪

そしてこの日もおきものでお出かけ。

少し暖かかったこの日。春色を着たくて、このコーディネートに。コートも無しで道行にショールという久しぶりの外出。

少し!?太ってしまったので、お見苦しい姿。ダイエットします!ここで宣言!(いつも言ってるけどw 今回は出来るか!?)

やはり、華やか小紋はとーっても便利。皆さま、無地もいいけど、小紋もね!!今となっては大切に着ている、染の北川さんの小紋です。帯はぎをん齋藤さん。この帯もヘビロテです。

春が来ますねー!まだまだ寒いけど!

 

あこや

Leave a Reply