團菊祭5月大歌舞伎へ-勝山健史 綺芙織に北村武資 袋帯- Dankikusai 5gatsu Okabuki~その③~

観劇の日の私の装いです。

勝山健史さんの綺芙織(きふおり)のきものに、北村武資さんの袋帯でお出かけしました。
今回はオール青山八木さんで選んだもの。

勝山さんのこのきものは、ものすごい光沢とトロッとした肌さわりで、大変軽やか!着心地がとってもいいのです。

しかし、普段の私が好んで着ているはんなり系のきものから比べると、結構な新境地だったこの日。可愛らしい帯をもってくることで、少し私らしさが出たかな、と思います。でも、なんといいますか、少しいつもよりシュッとしてますか?(笑)

こうしたタイプも少しずつ似合う年齢になってきたのかな、とも思った日でした。大人なきもの、で気分も変わりましたね!

一日出かけて帰宅し、遊び疲れた後の写真ですが、、、しかも少しお酒入もってて顔が赤い。。。!ほとんど飲めないのに。(笑)

きものの光沢感伝わりますか。まさにドレスきものといったところですね。
帯揚げは青山八木、帯締めは道明、お扇子は宮脇賣扇庵、草履は祇園ない藤でした。

背中には花紋を入れてもらいました。気に入っています♪(背中のシワは、帰宅後ということでおおめに見て下さーい!)

Today’s outfit is Kifuori by Takeshi Katsuyama and Fukuro-obi by Takeshi Kitayama from Aoyama Yagi.

 

あこや

Leave a Reply