宝塚月組公演 「宝塚をどり・明日への指針・花詩集100」at 東京宝塚劇場

東京宝塚劇場に月組公演を観に行ってきました!

演目は、日本絵草紙、プチミュージカルプレイ、グランドレビューの3本立て。

宝塚は今年100周年を迎え、この記念の年にちなみ、劇場内はもちろん公演内容も特別仕様。
劇場に入ると美しいきものが目に飛び込んできました。

宝塚歌劇を象徴する羽飾りをモチーフにレビューの華やかさを表現したという訪問着です。

孔雀の羽の様な玉虫色が美しく表現されていますね。

これもどなたか袖を通したのかしら。

今日の公演では、宝塚100期生が初舞台で口上があり、総勢100名による大ラインダンスが壮観でした!花詩集は、見応えあり!とにかくフランス人のコスチュームデザイナーを起用したという衣装が本当に可愛らしく、目が釘付け。

本当に宝塚のショーはかっこいいですね。素晴らしかった!
来月は宙組のベルばらだし、楽しみだなー!

 

あこや

Leave a Reply