久しぶりの芦屋へ visiting my friend’s house

今回京都へ立ち寄った本来の目的は、芦屋の友人宅を訪ねることでした。

随分前になりますが、3年ほど関西に住んでいたことがあり、東京とは違う芦屋や神戸、宝塚をはじめとするエリアの心地よい空気感を知りました。その後はなかなかこの辺りに足を運ぶことは出来ませんが、時折、友人が声をかけてくれるといそいそと出かけていきます。

前回来たのは2年前。このときも紅葉の季節でした。

「腕を振るうから、おいでよ。みんなに声をかけました」

わーい♩到着した頃には、台風も過ぎ、友人たちのとの再会に俄然食欲は増すのでした。(笑)

こんな素敵な友人宅。お庭の木々の紅葉が美しいです。まるで時が止まり、日々の生活を忘れてしまうような場所です。居心地が良過ぎて、いつも帰りたくなくなります。

宴は始まり、あるじのエスプリの利いた料理が次々に振る舞われおしゃべりは尽きず。。。

大勢集まった中に、紬姿の女性が二人。

ふわっと集まった時に、自然ときもの姿の女性が混じるというのは何とも素敵な光景。大人のたしなみをたくさん知ってる人達が集う素敵な夜でした。

 

あこや

Leave a Reply