京都五月晴れの旅~葵祭へ~その③ 幾岡屋さんでかんざし作り

虎屋さんで一息ついた後は、祇園へ!

おか善さんの夏物催事が富月さんで開催されていたので、のぞきにいきました。

道すがら、キヌ美粧院さん発見!

ここは、舞妓さんの髪を結ったりする美容院です。老舗感たっぷり~。
先日発売された美しいきものの紗月ちゃんの衿かえの記事にも出てましたね!

こちらいつもお世話になっているおか善さんの岡本さんです~。沢山おきもの見せていただいた後に、おしゃべりに花が咲き、ついつい長居。話題はおか善ファミリーのお子さんたちの七五三や成人式の装いについて。呉服店ならではの工夫などがあり、勉強になりました☆

さて、富月さんを後にし、四条通にある幾岡屋さんへ。

幾岡屋さんは、舞妓さんの小間物類がすべてそろうお店です。壁にずらーっと簪(かんざし)が飾られています。可愛らしいですね~。店内はところせましといろんな商品が置かれていて、すごい状態!(笑)

今回は、かんざしを見に来ました。
好きなパーツを選ぶと奥にいるお母さんがその場ですぐかんざしにしてくれます。

パーツもいろいろあって迷います。色の組み合わせとか、向きとか、悩みながら、決めたらお母さんへ。

奥の作業台で手早く仕上げてくださいます。
すごく悩みましたが、今回は蝶々と露草でお願いしました。

ちょっとラブリー過ぎたかな。。。汗
お値段も手頃なので、気軽に好きなかんざしが作れますよ☆☆☆

幾岡屋
〒605-0074
京都市東山区祇園町南側577-2
tel/fax:075-561-8087
営業時間 11:30 to 19:00
毎週木曜日定休

 

あこや

Leave a Reply