桜の京都へ☆きもの巡り☆和久傳でランチ ~その③~ Short trip to Kyoto:Lunch at Wakuden

千總さんの展示会を後にし、既に時間はお昼☆

みんなで室町和久傳さんにランチに来ました!去年、父と伺った以来でしたから、久々の訪問ですが、春のお料理をとても楽しみにしていました。

この日は、とても暖かくいいお天気で、お庭に降り注ぐ太陽の光が美しい。。。水打ちしてある部分が涼しげで、春、そして夏がやってくるのだな、、、という気持ちになりました。

お席につくと、桜湯が。なんて綺麗なんでしょう。桜の香りが口いっぱいに広がりました。
繊細で素敵なお料理から印象に残ったいくつかを。

春のお椀。トリ貝と筍です。木の芽の香りがふわーーーーっと。
春爛漫のお椀でした。
こちらがとっても美味しかった一皿。よもぎのお餅の中にサーモンが。カラスミ餅みたいな感じでしょうか。
「え、もう鱧??」と一瞬驚いたのですが(笑)、伝助穴子のあんかけです☆アナゴ好きにはたまりませんでした。
どのお料理も本当に美味しく、幸せでした。午後への英気を養いました☆☆☆
I had a luch at Muromachi Wakuden with my students.  We really enjoyed some wonderful dishes with seasonal tasty ingredients.
あこや

Leave a Reply