柳 崇 織物展 at 青山八木 に行ってきました

最近仲良くしていただいている青山八木さんで行われていた
柳崇さんの個展に行ってきました!

民藝運動の創始者である柳宗悦氏の甥にあたる染織家 柳悦博氏を父に持つ柳崇氏は、
八木さんが白洲正子さんの本の制作のお手伝いをなさった際に、
白洲さんの親交の深かったお父様の悦博さんの取材をきっかけに、その後、崇さんの織物を扱うご縁を頂いたそうです。

中央 柳崇さん 右 青山八木のご主人 八木健司さん
今回の個展では、柳さんと八木さんに作品をご説明いただきながらたっぷり拝見させていただくことが出来、とっても贅沢な時間でした~。

個展の様子。※八木さんに許可を頂き掲載しております。

今回たくさんの帯やきものがずらーっと並んでいたのですが、わたしが伺った最終日には
ほとんど完売状態!柳さん人気すごいです☆☆☆

八木さん曰く、柳さんの作品の特徴は、高い品質の糸を独特の優れた感性と職人的な確かな技で織り上げ、その織物は力強く普遍的な美しさがあると、、、。

おっしゃる通り、色使いやデザインが現代的で且つ織が精巧で美しいんです!とにかく美しかった!

見て下さい~!この変化に富んだデザインの数々!

写真では色味がわかりにくいのですが、実物はどれも色彩が印象的です。いずれも織がきめ細かいため優しい印象で柔らかく、実際に柳さんの帯を締めたことはないですが、締めやすそうだな~。
いつかわたしも似合うようになるかな。。。

写真の一番奥、中央の帯が今回一番好きでした。鮮やかなグリーンとブルーが印象的な素敵なデザインでしたよ~!

柳さん、八木さん、ありがとうございました!

 

あこや

Leave a Reply