日本のアイコン「きもの」 Japanese icon Kimono from Gucci’s ad

先日、用事がありまして六本木ヒルズを訪れた時のこと。

この1年くらい、店舗の大幅入れ替えがあったりと工事している場所が目立ったヒルズですが、もうすぐGucciがオープンするエリア近くに立ち寄った際、大きな壁面広告が目に入ってきました。

Gucci。アレッサンドロ・ミケーレがクリエイティブディレクターに就任した2015年頃から、またとってもかわいいと評判のGucciですが、私もその世界観がすごく好きで気になっていました。
そんなGucciの工事中の店舗壁面。

きものの日本女性がどどーん。この広告少し前からよく雑誌でも見ていました。中目黒でお花見シーズンに撮ったものとお見受け。

なんというコントラスト。(笑)

結婚式に行きますの、という礼装姿の女性二人が、ピンクファーに身を包んだけだるそうな金髪女子の横にいるこの感じ。違和感の中にも、“東京”と“現代”のリアリティを感じてしまいます~。(笑)

「コンテンポラリーは、反時代的なものである。」という、ロラン・バルトの言葉を引用してスタートしたアレッサンドロの2015年のコレクションは、大変印象的でしたが、この言葉を象徴しているようで、面白い広告です。

どんな意図が実際のコンセプトにあるのかは全然知らないですが、アートディレクション自体も好きです(笑)

 

あこや

Leave a Reply