追加☆3月のイベント情報☆大島紬展・浅見・小宮康正江戸小紋展


東京もちらほら、桜が咲いている景色に出会うほど、寒さのなかにも春がそおかしこで芽吹いていますね。皆さま、日曜日の昼下がり、いかがお過ごしでしょうか。

先日見かけた桜



さて、3月のイベント情報の追加です。

●本格派の大島紬展 at ジャパンシルクセンター


昨年、奄美大島でお世話になった大島紬を制作されている南さんから、東京での大島紬展のご案内が届きました。ぜひ、興味がある方は足を運んで頂きたいです。

古来より行われていた奄美の養蚕。亜熱帯の豊かな自然の中で、先人たちの美意識で精緻を極めた絣織物へと発展して来た大島紬。その絹糸の原点を探り、素材感豊かな染織品の創作を目指しています。青々と茂る島桑で育てた蚕の糸をそれぞれの感性で織り上げました。(DMより抜粋)

日時:3月24日(日)ー26日(火) 10時–19時
   ※最終日は17時終了
場所:ジャパンシルクセンター
   東京都千代田区有楽町1-9-4 蚕糸会館1階


●「あさみ長襦袢特集」in 伊勢丹新宿店


私も愛用してる京都 浅見さんの長襦袢の催事が今年も新宿伊勢丹で開催されます。先日、あさみさんの長襦袢の代名詞である、王上布や菱上布を制作していた機屋さんが廃業という悲しいニュースが飛び込んで来た直後の催事となります。
伊勢丹さんがお持ちの在庫が幸いにも出るそうなので、既存の反物が欲しい方は絶対に足を運んだ方がいいです!
先日、きものSalonで紹介されていた業雲の生地も見られるそうですよ!

日時:3月27日(水)ー4月2日(火)10時30分−20時
   ※4月1日、2日のみ10時〜
場所:新宿伊勢丹本館 7階 呉服特選きもの



●小宮康正 江戸小紋展 at シルクラブ


昨年、重要無形文化財保持者(人間国宝)になられた小宮康正さんの江戸小紋展が、沼袋にありますシルクラブさんにて開催されます。多彩な反物はもちろん、地下ホールでは、小宮染色工場の100柄にものぼる小袱紗の展示もあるそうです。江戸小紋にあわせ、店主の花子さんセレクトによる帯も多数並ぶようですので、楽しい会になりそうですね。

日時:3月29日(金)ー4月4日(木)11時–18時
場所:シルクラブ/中野山田屋



あこや


2 Comments

  1. 中村君子

    2019年3月20日 at 10:16 AM

    こんにちは。肌着の問合せ返信有難うございました。(夏のすててこ使用)あと、和装ブラについてですが、こちらは夏、夏以外に使用されてますか?使用されていた場合、どちらのものを使用されていますか? 度々の質問すみません、宜しくお願い致します。

    1. あこや

      2019年3月20日 at 12:28 PM

      季節問わず、和装ブラは使っていますよー。
      夏のステテコは、素材がサラッとしているものを選んで使っています!
      京都のえり正さんの肌着を愛用してます。ホームページ見てみてください!

中村君子 へ返信する Cancel